献身をめぐる離婚:宗教の違いをめぐる分裂

献身をめぐる離婚:カップルが宗教の違いをめぐって分裂する理由

記事上で



宗教は多くの人にとって非常に重要な人生の側面です。それは人が彼らの人生をどのように生きるかを形作ります。多くの人にとって、それは精神的な癒しと落ち着きの感覚を提供します。彼らにとって、宗教は保護と保証を提供します。



信仰や宗教もあなたの日常生活を形作ります

特定の信仰や宗教を信じて実践すれば、それはあなたの日常生活も形作ります。何を着るか、何を食べるか、どのように話すかはすべて宗教の影響を受けます。さらに、それはあなたの価値観の確立にも貢献します。

一つ一つの宗教について、正しいことと悪いことは確かにある時点で異なります。




金融結婚カウンセリング

しかし、すべての人が何らかの宗教に従う必要はありません。宗教、信仰、全能の実体を信じない人もいます。彼らにとって、宗教は信念を作ることに他なりません。当然のことながら、彼らの価値観、道徳、倫理など、彼らの生活の仕方は異なります。

ほとんどの場合、人々は自分の宗教を共有する誰かと結婚することになります。常にそうであるとは限りませんが、非常に異なる宗教の2人が夫と妻になることを選択する場合があります。人生はおそらく彼らにとってより挑戦的なものになるだろうと言って間違いないでしょう。

なぜこれが起こるのですか?この記事では、そのすべての理由について説明します。



誰が正しいですか?

人は常に正しいと信じるのは人間の本性です。誰かが自分自身、特に彼らの価値観、道徳、宗教に疑問を投げかけることはめったに見られません。これは克服するのに大きな問題ではないように思えるかもしれませんが、宗教が関与すると状況は変わります。

誰かの宗教が争いの要因である場合、彼らは喜ばない可能性があります。たとえば、あなたのパートナーが無神論者であり、あなたが特定の信仰を信じている場合、あなたの両方はある時点でもう一方が間違っていると思うでしょう。

別の例は、両方のパートナーが異なる信仰を持っている場合です。ある時点で、彼らは彼らのパートナーが罪の生活を送っているという考えに出くわすでしょう。この考えは具体的な考えになり、夫婦の間で問題を引き起こす可能性があります。

家族の問題

家族の問題

信じられないかもしれませんが、21歳でも st 世紀、家族の圧力のような要因はまだ人が生きることを選択する方法に大きな影響を及ぼします。通常、宗教間の関係は歓迎されません。どうして?それは伝統を破るからです。

これは、ドラマや映画でかなり劇的に描かれることがよくあります。主人公は結婚していると宣言し、母親が失神し、父親が心臓発作を起こします。

これは実際の生活ではうまくいかないかもしれませんが、かなりの問題を引き起こす可能性があります。特に家族の圧力に屈した場合。

ライフスタイルの違い

これがおそらく最も明白な理由です。表面に見えるもの。これは些細なことのように思えるかもしれませんが、関係が転換点に達するまで違いが蓄積する可能性があります。

他の人が服を選ぶ方法に反対する人もいるかもしれません。次に、プラッターにも違いがあります。一方は他方が食べないものを食べるかもしれません。

そうすれば、祈りには常に違いがあります。教会やモスクや寺院や修道院に行く。異なる教えが関係に不安をもたらす可能性があります。

子供たちは誰をフォローしますか?

宗教間の関係に関しては、子供は非常に敏感な主題です。 2つの宗教が関係している場合、この質問の可能性があります。 「子供は誰をフォローしますか?」これは家族間の不一致を引き起こす可能性があります。両方が子供に彼らの信仰に従うことを望むことは可能です。

先に述べたように、彼らが正しいと信じるのは自然なことです。ここでも同じケースが当てはまります。さらに、家族からの干渉も問題を引き起こす可能性があります。祖父母は彼らの遺産の一部として彼らの孫が彼らに従うことを望んでいます。

これは問題を引き起こすだけでなく、最終的に子供に悪影響を与える大きな混乱を引き起こします。

これを克服する方法は?

これらの問題を克服することは、口で言うほど簡単ではないかもしれません。ただし、最初のステップは、これらの違いを停止して認識し、尊重することです。パートナーが信じていることを信じる必要はありません。パートナーの考えを尊重するだけで、世界にすべての違いをもたらすことができます。


socialjusticefail

2番目のステップは、他の人がデリケートな問題に干渉するのをやめ、自分がどこに立つかを決めることです。不確実性はあなたの関係を傷つけるだけでなく、あなたが傷つけたくない関係を傷つけます。したがって、自分で決めて、パートナーとコミュニケーションを取りましょう。

最後の部分は子供たちです。さて、あなたがしなければならないのは彼らに決めさせることだけです。それらを何かに成形しようとしないでください。彼らに自分で決めさせてください。