別居中に配偶者とコミュニケーションをとる方法

別居中に配偶者とコミュニケーションをとる方法

記事上で



法的にまたは心理的に分離することを決定することは、あなたが人生で行うであろう大きな変化です。



あなたの結婚は今、大きな危機を経験しているように見えるかもしれませんが、再び軌道に乗せることを望んでいます。

覚えておいてください 別居は離婚を意味するものではありません ;技術的には、あなたはまだ結婚しています。



それでもあなたを結びつけた絆を再燃させ、失われたように見えるつながりを再確立したいのであれば、分離中にあなたの配偶者とコミュニケーションをとることは不可欠です。


あなたの結婚であなたが幸せでないときに何をすべきか

この記事では、夫婦の別居について説明します チップ 、そして私たちは学びます 配偶者と効果的にコミュニケーションする方法 分離中。

こちらもご覧ください:



良好でオープンなコミュニケーションの設定

しばらく離れることを決心したとしても、それはあなたが友達にとどまり、お互いを気にかけることができないという意味ではありません。

あなたの配偶者と、あなたとあなたの間で実際にどれだけのコミュニケーションが必要か、そしてどれだけの相互作用が必要かについて話し合ってください。

これはあなたが回避するのに役立ちます カップルが分離中に犯すよくある間違い

セットする 結婚 分離ガイドライン目的を明確にし、疑いや将来の混乱を避けるために、できれば最初から。

離婚中に結婚生活を救う方法を学びたいのなら、良い聞き手になる方法を学ぶ必要があるという事実を認める必要があります。

配偶者とのコミュニケーションの仕方を学ぶことは、あなたが彼らの気持ちを理解することに本当に興味があり、そうすることによって、物事を再び機能させることに本当に興味があることを彼らに示します。

すべての結婚は複雑で、独自の方法で異なりますが、正直なギブアンドテイクの対話を通じて、最初にあなたを結びつけていた以前の絆を再び強化することができます。

一貫性が鍵です

一貫性が鍵です

最も価値のあるものの1つ 結婚別居のアドバイス 私たちはあなたにあなたの配偶者とコミュニケーションをとるときあなたの行動や戦略に一貫性を保つことを与えることができます。

優れたコミュニケーションチャネルを確立(または再確立)した後は、それを維持し、辛抱強く育てます。

配偶者との面会は時間厳守で、この仕事を再開することにコミットしていることを配偶者に示してください。

最初は難しいように思えるかもしれませんが、別居中に配偶者と定期的にコミュニケーションをとる努力を怠ると、現在の状況が離婚するリスクがあります。

目標を設定します


干支のセクシュアリティの互換性

学びたいなら 別離中に結婚を再建する方法 、最初にあなたの関係の目標を確立します。

多くのカップルは、本当に達成したいことに十分に集中していないため、彼らの間の光を再燃させることができません。

混乱は、別居後に結婚を再建するときに持つべきひどい敵であり、多くの場合、別居中に何をすべきかは答えるのが難しい質問であることが判明する可能性があります。

配偶者と一緒にテーブルに着席し、別居契約書を一緒に書いてください。そこでは、問題と、彼らが現在の窮状に陥るまでのプロセス全体を紙に書き留めます。

試行分離は機能しますか?

それはあなたが何から得たいかによります 試行分離 。別居することは離婚することと同じではありません。

たとえば、離婚していないので、別居していても結婚のメリットを維持できます。

たぶんあなたの両方がそれらを維持したい、そして特定に従うことを望む 試験分離ガイドライン。 たとえば、別居のヒントとして、税制上の優遇措置について考えるときは、別居があると便利です。

離婚に関連する経済的な問題は言うまでもなく、結婚生活を救いたいのであれば、離婚中に何も頭に浮かぶ必要はありません。


妊娠中に別れる

たぶん、あなたは物事をできるだけ深刻にしたいと思っていて、あなたの一人が裁判の分離境界を課しています。

別居中に配偶者とコミュニケーションをとる方法を学ぶ 最初は難しいように思えます。

あなたの両方がどこにいるかに応じて、あなたの関係の感情的および精神的レベルの両方で、最初から一連の夫婦別居ガイドラインに従えば、あなたはあなたの結婚を救い、あなたの以前の生活様式に戻ることができます。

あなたが結婚を救いたいのであれば、離婚中にコミュニケーションをとらないことは絶対にお勧めできません。