間接的なコミュニケーションとそれが人間関係に与える影響

間接的なコミュニケーションとそれが人間関係に与える影響

記事上で



私たちは毎日コミュニケーションを行っています。実際、人間のコミュニケーションは非常に進化しており、すでに多くの点で圧倒されています。



確かにコミュニケーションが容易になりましたが、聞いたことはありますか 間接的なコミュニケーション そしてそれが関係にどのように影響するか?ここでは、ガジェットやアプリを使用してコミュニケーションすることについて話しているのではなく、人々が直接話すのではなく、行動を通じてメッセージを伝えようとする方法について話しているのです。

間接コミュニケーションとは何ですか?

間接コミュニケーションとは何ですか?それは私たちの生活や人間関係においてどのような役割を果たしていますか?



間接的なコミュニケーション 人が直接言うのではなく、彼らが本当に意味することを実行することを選択するコミュニケーションの方法です。

声のトーン、ジェスチャー、顔の反応を使用すると、人は何かを言うことができ、まったく異なる意味を持ちます。なぜ人々はメッセージを伝えることを選ぶのですか 間接的なコミュニケーション 前もって言うほうが間違いなく簡単なのはいつですか?

この理由は、これらの人々が直接拒否されることを望まないためです。 議論を避けたい 、「安全」な側にいて、最終的に顔を救う。このタイプのコミュニケーションスタイルに慣れていない限り、 間接的なコミュニケーション これらのヒントに基づいて決定を下すのは言うまでもなく、理解するのは難しいです。



間接的なコミュニケーションは、話す相手だけでなく、仕事、友人、家族、パートナーとの関係にも大きな影響を及ぼします。

直接コミュニケーションと間接コミュニケーション

間接通信の定義に慣れてきたので、 ここで、直接コミュニケーションと間接コミュニケーションの違いと、それが人間関係にどのように影響するかを見ていきます。それは、専門家、家族、結婚などです。

直接のコミュニケーションとは、言いたいことを言うことを恐れないときです。

それは無知ではありません。代わりに、彼らが本当の気持ちをシュガーコートすることよりも正直さを大切にするときです。それが仕事上の関係からであろうと、彼らの家族と配偶者からであろうと、これらの人々は何を言うべきか、いつそれを言うべきかを知っています。直接通信と間接通信の両方に、特定の状況に応じて独自の長所と短所があります。

間接的なコミュニケーション 直接通信の反対です。

ここでは、人は議論や誤解に直面するのではなく、むしろ関係を保存したいと思います。彼らはそれを知っているかもしれないし知らないかもしれませんが、彼らの話し方や行動の仕方はまったく異なります。これは他の人との平和的な対処方法のように見えるかもしれませんが、ここで対処することに問題はありません。

あなたがその人と直接話すのに十分勇敢でない限り、今日のあなたの問題はまだそこにありますが、攻撃的に聞こえることなくそれをどのように行うのですか?

人間関係における間接的なコミュニケーション

人間関係における間接的なコミュニケーション

コミュニケーションがなければ人間関係は持​​続しません。そのため、配偶者やパートナーとのコミュニケーションの仕方も人間関係を反映します。コミュニケーションでは、何も言わなくても、姿勢や表情、声のトーンだけで、すでにたくさんのコミュニケーションや発言ができ、立ち去る方法でも、自分の気持ちや気持ちをたくさん伝えることができます。人間関係における間接的なコミュニケーションは機能します。

専門的な関係とは異なり、私たちはパートナーや配偶者との絆が長くなっています。そのため、その方法を知ることが非常に重要です。 間接的なコミュニケーション あなたの関係に影響を与える可能性があります。

間接的なコミュニケーションの例

あなたはそれに気づいていないかもしれませんが、人間関係における間接的なコミュニケーションの例はあなたが思っているよりも一般的です。関係におけるこれらの間接的なコミュニケーションの例は次のとおりです。


対立のパターン

  1. 「私はあなたを愛しています」という魔法の言葉を言うことはいつも特別なので、あなたのパートナーや配偶者がこれを非常にフラットな口調で言うとき、あなたは何を感じますか?この人の言うことは 間違いなく同じではありません 彼の体と行動が示すものに関して。
  2. 女性が着ているドレスが彼女に似合うかどうか、または彼女が見事に見えるかどうかを尋ねるとき、彼女のパートナーは「はい」と言うかもしれませんが、彼が女性の目を直接見ていなければどうしますか?誠意はありません。
  3. カップルが誤解を持っていて、それを修正できるようにお互いに話し合う場合、必要なのは口頭での合意だけではありません。あなたはあなたのパートナーが彼らが言っていることにどのように反応するかを見るはずです。

どんなタイプの関係にあるときでも、セーフゾーンに留まりたいと思うのは当然です。特に相手がうまく話せないのではないかと恐れているときは、自分の気持ちを前もって話すのは少し怖いですが、彼らが言うように、私たちは本当に言いたいことを話せないかもしれませんが、私たちの行動は私たちを与えてください、そしてそれは真実です。

直接言う方法–より良い人間関係のコミュニケーション

変更を加えて着水を開始したい場合 間接的なコミュニケーション 実践では、最初に肯定的な確認がどのように機能するかを理解する必要があります。はい、この用語は可能であり、誰かを怒らせることなく言いたいことを言うことができます。

  1. 常に前向きなフィードバックから始めてください。あなたの配偶者またはパートナーがあなたがあなたが持っているものを大切にしていることを理解していることを確認してください。この関係は重要なので、あなたはあなたが持っている問題に対処したいと思います。
  2. 聴く。あなたが自分の部分を言った後、あなたのパートナーにも何かを言わせてください。コミュニケーションは双方向の実践であることを忘れないでください。
  3. また、状況を理解し、妥協する用意があります。あなたはそれを解決する必要があります。プライドや怒りがあなたの判断を曇らせないでください。
  4. 初めて開くのをためらう理由を説明してください。パートナーの反応が心配である、または自分の気持ちを説明する場合に次に何が起こるかわからないことを説明します。
  5. 配偶者やパートナーと話をした後は、透明性を保つようにしてください。間接的なコミュニケーションは習慣になる可能性があるため、他の習慣と同様に、それを破り、代わりに自分が感じていることを実際に伝えるためのより良い方法を選択することができます。

間接的なコミュニケーション 拒絶、議論、または他の人がそれをどのように受け止めるべきかについての不確実性の恐れから来るかもしれません。直接のコミュニケーションは良いですが、共感と感受性もあなたのコミュニケーションスキルの一部であるならば、それはより良いかもしれません。不快でも突然でもない方法で、自分が本当に感じていることを誰かに直接伝えることができることは、確かにコミュニケーションのより良い方法です。