聖書には姦淫と離婚がありますか?

聖書には姦淫と離婚がありますか

記事上で



聖書はほとんどのクリスチャンにとって道徳的な羅針盤の源です。それは彼ら自身の生活をモデル化するためのガイダンスと参照の源であり、意思決定を助けるために、または彼らの選択を検証するためのガイドとして機能するためにそれを使用します。



依存しすぎる人もいれば、依存しすぎる人もいます。しかし、それはすべて個人の選択に関するものです。

結局のところ、自由意志は神とアメリカが誰にでも許す最高の贈り物です。結果に対処する準備をしてください。考えるとき 聖書の姦淫と離婚、 いくつかの節がそれに関連しています。



また見る:

出エジプト記20:14

「あなたは姦淫を犯してはならない。」

聖書の姦淫と離婚の主題では、この初期の節は非常に単純であり、独立した解釈に多くを残していません。ユダヤ教とキリスト教の神の口から直接語られた言葉は、キリスト教の十戒の6番目であり、ユダヤ人にとっては7番目です。



そう 神ご自身がノーと言いました、 しないでください。それについて言うことや議論することはあまり残っていません。ユダヤ教とキリスト教を信じていない場合を除いて、その場合はこの特定の投稿を読むべきではありません。

ヘブライ13:4

「結婚はすべての人に敬意を払われるべきであり、結婚のベッドは純粋に保たれなければなりません。神は成人者とすべての性的に不道徳な人を裁くからです。」

この節は、ほとんど最初の節の続きです。あなたが戒めに従わない場合、神はそれを軽視せず、何らかの方法で成年者を罰することを確実にするだろうとほとんど言われています。

それはまた正確です 姦淫はセックスについてです。 最近では、 感情的な不貞 不正行為として。だから、それが(まだ)セックスにつながっていないからといって、それはあなたが姦淫を犯していないという意味ではありません。

箴言6:32

「しかし、姦淫を犯す人には意味がありません。そうする人は誰でも自分自身を破壊します。」

箴言は、賢人や他の賢者によって時代を超えて受け継がれてきた知恵をまとめたものです。それでも、聖書はそのような知識の源について適切に議論し、詳しく説明するには簡潔すぎます。


浮気を考えて

不正行為やその他の不道徳な行為は、その価値以上の問題を引き起こします。現代では、それらは高価な離婚和解訴訟と呼ばれています。それを理解するために宗教的である必要はありません。それが何を意味するのかわからない場合は、そもそも結婚するための成熟度と教育が不足しています。

マタイ5:27-28

「あなたは、「姦淫を犯してはならない」と言われたと聞いたことがあります。しかし、私はあなたに、女性を貪欲に見る人は誰でも、彼の心の中で彼女と姦淫を犯したと言います。」

クリスチャンにとって、モーセとイスラエルの神と対立するとき、イエスの言葉と行動が優先されます。彼の山上の説教では、これは イエスは立っている姦通と聖書の離婚。

第一に、彼はモーセとその民に対する神の戒めを繰り返しただけではありません。彼はそれをさらに進めて、他の女性(または男性)を欲しがらないと言いました。

ほとんどの場合、イエスは彼の父であるイスラエルの神ほど厳格ではありません。姦淫の場合はそうではないようです。

イエスは聖書の姦淫と離婚について立っています

コリント7:10-11

「既婚者に、私はこの命令を出します。妻は夫から離れてはなりません。しかし、もしそうなら、彼女は未婚のままでいなければなりません、さもなければ彼女の夫と和解しなければなりません。そして、夫は妻と離婚してはなりません。」

これは離婚についてです。また、同じ人との離婚と再婚について聖書が何と言っているかについても語っています。

あなたが疑問に思っているなら 聖書は離婚と再婚について何と言っていますか、 これもかなり簡単です。前の夫と一緒でない限り、それをしないでください。

公平を期すために、別の節はこれを述べています。

ルカ16:18

「妻と離婚して別の女性と結婚する人は誰でも姦淫を犯し、離婚した女性と結婚する男性は姦淫を犯します。」

それはほとんどそれを均等にします。そのため、男性が妻と離婚して再び結婚したとしても、彼はまだ姦淫しています。それは二度と結婚できないのと同じです。

マタイ19:6

「つまり、彼らはもはや2人ではなく、1人の肉です。ですから、神が結ばれたものは、人を引き離さないでください。」

これは他のすべての節と同じです。それは離婚が姦淫的で不道徳であることを意味します。モーセの時代には離婚が許され、いくつかの規則と聖書の一節がそれに起因していました。しかし、イエスはそれについて何か言いたいことがありました。

マタイ19:8-9

「あなたの心が固かったので、モーセはあなたがあなたの妻と離婚することをあなたに許しました。しかし、それは最初からこの方法ではありませんでした。性的不道徳を除いて、妻と離婚し、別の女性と結婚する人は誰でも姦淫を犯すと言います。」

これは神の 姦淫と離婚に対するスタンス 聖書の中で。主は、どちらの当事者による分離や不道徳な行為も許さないという彼の立場に常に一貫してきました。

聖書は離婚を認めていますか?モーセによって定められたように、そのような法則が存在した箇所はたくさんあります。しかし、イエス・キリストは先に進んでそれを再び変え、政策としての離婚を廃止しました。

離婚はイエスの目にはタブーかもしれませんが、パートナーの死後の再婚はそれほど厳格ではありません。に ローマ7:2

「既婚女性は、夫が生きている間は法律で拘束されていますが、夫が亡くなると、婚姻法から解放されます。」

「離婚した人は聖書に従って再婚できるか」という問題には対立がありますが、パートナーの死後に再婚することは可能ですが、離婚後に再婚することはできません。

ですから、離婚、再婚、姦淫全体について聖書が何と言っているかはかなり明白です。すべての行為はタブーで不道徳です。例外は2つだけです。 1つ、 未亡人は再婚することができます

それは、神の第6(ユダヤ人の場合は第7)の戒めを回避する唯一の例外です。イエス・キリストは聖書の姦淫と離婚についていくつかの点で話しました、そして彼は戒めが守られることを確実にすることについてかなり固執しました。

彼は離婚を許可するためにモーセによる判決を覆すところまで行きました。