一時的な監護権について知っておくべきこと

一時的な監護権について知っておくべきこと

離婚を希望する場合、考慮すべき重要なことの1つは、離婚が子供にどのように影響するかです。あなたの子供がどこに住むか、誰が彼または彼女を養うかなど、対処しなければならない多くの問題があります。離婚した夫婦が友好的なままでいる場合、両親は両方の当事者に受け入れられる合意を思い付くことができます。そうでなければ、一時的な監護権について裁判官の助けを求める方が良いかもしれません。



一時的な監護権は、離婚または別居中の暫定的な監護権の付与です。これは、子供の監護権または離婚手続きが終了するまで続くことを意味します。一時的な監護の主な目的は、事件が進行している間、子供に安定感を与えることです。また、事件の期間中、親が子供と一緒に転居するのを防ぐのにも役立ちます。ほとんどの子の監護権の場合と同様に、一時的な子の監護権を付与することは、常に子の最善の利益を考慮に入れます。さらに、一時的な監護権は、裁判所の命令により恒久的な取り決めになる可能性があります。




離婚の痛みを和らげる方法

一時的な監護を検討する理由

親が他の人に一時的な監護権を与えることを決定する理由はいくつかあります。


浮気をやめる方法

  • 別居または離婚– 親は、子の監護権事件の最終決定を待つ間、一時的な監護権の取り決めを与えることに同意することができます。
  • 家庭内暴力 - 裁判所は一時的な監護権協定を発行することができます 脅迫が子供に向けられた場合
  • 家計的な問題 - いつ 親は子供を養うためのリソースが不足しているため、信頼できる個人に一時的な監護権が割り当てられる場合があります
  • 病気 - 親が入院したり、一時的に障害を負ったりした場合、親戚や友人に一時的に子供の後見人を引き継ぐように頼むことがあります。
  • 多忙なスケジュール - 教育や仕事など、自分の時間の大部分を占める責任を負っている親は、信頼できる個人に一定期間子供の世話をするように要求することができます

一時的な監護権の付与の詳細

一時的な監護権が他の人に与えられた場合、両親は一時的な監護権契約を作成するオプションがあります。このドキュメントには、次の詳細が含まれている必要があります。



  • 契約の開始と終了の設定された時間枠
  • 一時的な期間中に子供が住む場所
  • 他の親の面会権の詳細(例:スケジュール)

裁判所は、両親との有意義な関係を維持することが子供の最善の利益であると考えています。そうは言っても、一時的な監護権を受け取らなかったもう一方の親には、通常、合理的な条件で面会権が与えられます。それ以外のことを強制する問題がない限り、訪問を許可することは裁判所の慣行です。

両親はまた、以下に彼らの子供の一時的な監護権と後見人を与えることを検討するかもしれません:

  • 祖父母
  • 親戚
  • 家族の拡張メンバー
  • ゴッドペアレンツ
  • 友達

一時的な親権を失う

ほとんどの場合、離婚手続きが完了するまで一時的な監護権が維持されます。ただし、裁判官が監護権契約の条件を変更できる場合があります。一時的な監護権は、それが子供の最善の利益に役立たなくなった場合、状況に重大で影響力のある変化があった場合、または監護権のある親が他の親の面会特権を妨げている場合、親から奪われる可能性があります。しかし、親が一時的な監護権を剥奪されたとしても、それは取り戻すことができます。




混沌とした関係

結局のところ、恒久的な監護権に関する裁判所の決定は、主に子供の安全、健康、安定性、および全体的な幸福に基づいて行われます。