離婚につながる5つの一般的な中年の危機の後悔

離婚につながる5つの一般的な中年の危機の後悔

記事上で



中年の危機は、人を感情的に襲う一般的な人生の変遷です。



それは健康的な段階ではなく、あなたが人生で適切でない方法で反応する原因になります。


結婚以外の友情は重要です

中年の危機は、自分の人生を変えたいという欲求を引き起こします。これには、新しい仕事に就きたい、浮気をしたい、新しい車を購入したいという欲求が含まれます。



中年の危機にある人々が婚姻状況の変化を望むことは非常に一般的であり、それは通常離婚をもたらします。

離婚は簡単な選択ではありません

中年期の衝動に基づいて行動し、主要な決定を下す前に、これらの決定があなたの将来とあなたの周りの人々にどのように影響するかを考えることが非常に重要です。

離婚は簡単な選択ではなく、結婚生活でタオルを投げると、あなたとあなたのパートナーに異なる影響を与える可能性があります。離婚は、幸せな家庭を完全に変えることができる決定です。



それはあなたの子供の未来を台無しにし、関係へのあなたのパートナーの信頼を台無しにする可能性があります。

中年の危機があなたにそのような大きな決断をさせる前に、あなたが後に続くかもしれない後悔を知っていることが重要です。

以下に挙げるのは、離婚中に経験する可能性のあるいくつかの中年の危機の後悔です。

1.真剣に受け止めすぎる

中年の危機は人に彼らが人生のどこにいるかを評価させます、そして何人かは決してより良い場所にいないことを恐れて彼らの人生を破壊します。

あなたの中年の危機があなたがかつてあった人の終わりであると信じることは最悪のことです。それはあなたとあなたの配偶者の精神的健康にとって不健康です。

中年の危機の間の離婚があなたの唯一の選択肢であると仮定することはあなたの結婚の破壊の明確な兆候です。多くの人は、気分が良くなる唯一の方法は、論理的な根拠がほとんどない自分の気持ちを追いかけることだと信じています。

中年の危機の間の感情は、フェーズの経過後にあなたが望むものとは完全に反対です。

2.一度に決定が多すぎる

誰もが自分の人生の特定の段階で達成したいことのリストを持っています。中年の危機の間、あなたは完全なオーバーホールを促進するように動機づけられるかもしれません。

一度に多くの決定を行うと、近い将来に壊滅的な影響を与える可能性のある急いで決定や選択を行う必要があります。危機によって動機付けられた衝動に従うのではなく、合理的な方法で自己改善に焦点を合わせることが重要です。

それがあなたの心配を直すと仮定して離婚に飛びつくのではなく、より小さな決定と変化に焦点を合わせてください。

3.過剰分析

中年の危機はあなたがあなたの周りのすべてを変えたいと思う時です

中年の危機はあなたがあなたの周りのすべてを変えたいと思う時です。

そんな時、結婚は間違いだったという考えに流されがちです。しかし、ほとんどの場合、それは真実ではありません。

過去に行ったコミットメントは健全な決定であったことを覚えておくことが重要です。あなたが下している決定があなたにとって正しいことを確実にするために、すべての健全な分析を通してあなた自身を導くことが重要です。

4.愛する人の感情

ほとんどの場合、中年の危機の離婚は、結婚の失敗によるものではなく、1人のパートナーの願望によるものです。

離婚者に彼らの最大の後悔は何であったか尋ねられたとき、最も一般的な答えは彼らの愛する人を傷つけることでした。あなたは自分の古い人生を破壊し、新しい人生を築きたいと思うかもしれません。あなたがしたい最後のことは、自己発見の一時的な旅の間に誰かを傷つけることです。


壊れた関係を修復する方法

あなたがあなたの人生に変化をもたらすことが確実であるならば、最良の選択肢はより破壊的でないものです。

こちらもご覧ください: 離婚の7つの最も一般的な理由

5.非現実的な願い

中年の危機の影響は人によって異なります。

うまくいかないことをいくつか変えたいと思う人もいれば、まったく新しい人生を望んでいる人もいます。

非現実的な願いは、それを達成することができないために失敗のように感じる位置に人を置くだけです。自分の理解できないアイデアには近づかないでください。それらの考えはあなたにひどい決定をすることを強います。

前向きな変化と達成可能な目標に焦点を合わせることが最も重要です。彼らはあなたを占領し続け、あなたをより良い人にするのを助けます。

中年の危機の後悔は離婚後の対処が難しい

中年の危機に対処するのは簡単なことではありません。

自分で体験し始めると、正しい選択と間違った選択を区別することが難しくなります。

離婚が間近に迫っていると感じたら、それをよく考えて、後悔していないことを確認してください。そうでなければ、失恋自体に対処するのは非常に難しい場合があります。

離婚は不幸への答えではありません。

責任を取り、配偶者とコミュニケーションを取り、信頼することは、あなたが本当の答えを実現するのに役立ちます。厳しい決断をする前に、それを考え、話し、理解することが重要です。

それはあなたにさらなる感情的な苦痛を救うのを助けます。