未婚カップルの同棲財産権

未婚カップルの同棲財産権


私の夫は精神的に不安定です

夫婦の財産権を規制する法律はたくさんあります。ただし、同棲関係やシビルユニオンを認めている少数の州を除いて、ほとんどの州には、同居している未婚のカップルの財産権を確立する法律がありません。したがって、未婚で同居している場合は、適切な措置を講じて関係を維持し、各当事者の所有権を指定する必要があります。



契約による財産権の確立

あなたとあなたのパートナーがあなたの関係の過程とその後にどのように財産を所有するかを法的に指定するために、あなたは書面による契約であなたの意図を概説する必要があります。同棲している未婚のカップル間のこのタイプの契約は、一般に「同棲契約」、「非婚姻契約」、または「同居契約」のいずれかと呼ばれます。



親密な関係を期待して一緒に住んでいる未婚のカップルは、彼らの資産が分離した場合にどのように分割されるか、そして彼らの一人が死んだときに何が起こるべきかを決定できる書面による合意を結ぶことができます。この合意は書面で行われなければならず、関係または生活の取り決めが終了したときに執行されなければなりません。

一緒に家を購入する場合は、書面による合意が特に重要です。この場合、次のすべての問題に対処する必要があります。



1.物件の所有権をどのように取得する予定か –一部の州では、「生存権のある共同テナント」としての所有権を保持することを許可しています。つまり、どちらかが死亡した場合、もう一方は家全体を継承します。または、「共通のテナント」としてタイトルを保持することもできます。これにより、各自が遺言または信頼で資産の共有を取得する人を指定できます。

2.あなた方一人一人が所有する家の何パーセント –ほとんどの州では、共同テナントは同等の株式を所有している必要があります。

3.別れたら家はどうなる? –一方の当事者をもう一方の当事者に分配する必要がありますか、それとも家を売却して収益を分割する必要がありますか?どちらの当事者が相手を買収するかについて合意できない場合、どちらの当事者が最初の選択肢になりますか?



州が未婚のカップルの所有権をどのように扱うか

ほとんどすべての州は、未婚のカップルの間で書面による契約を強制しています。さらに、一緒に暮らす時間が長ければ長いほど、誰が何を所有するかを指定する契約を結ぶことがより重要になります。そうしないと、分離して、一緒に取得した資産をどのように分割するかについて合意に達することができない場合、深刻な(そしておそらく高額な)法廷闘争に直面する可能性があります。

共有収入と共同財産をどのように扱うべきかを指定する契約がない場合、裁判所が関係の間に何が起こっていたかを知ることは非常に困難です。実際、当事者間の関係が親密な関係であり、契約がなかった場合、一方の当事者が他方の当事者を追求して共有収入を回収することはまったく困難です。

経験豊富な家族法の弁護士に連絡する

ご覧のとおり、同棲している未婚のカップルにとって、関係中および/または関係が終了したときに各当事者の財産権を指定する契約を結ぶことは非常に重要です。そうしないと、誰が何を所有しているかをめぐって、複雑で費用のかかる法廷闘争に陥る可能性があります。

経験豊富な家族法の弁護士は、あなたが財産権を確立し、あなたの関係が財産権をめぐって対立に終わった場合にあなたの利益を保護するのを助ける協定を起草するのを手伝うことができます。詳細については、経験豊富な家族法の弁護士に電話して無料相談を受けてください。