監護権における母親の権利へのガイド

母親へのガイド

親は一般的に子供に対して平等な権利を持っているので、母親は通常、父親よりも大きな監護権を持っているとは考えられていません。しかし、母親はいくつかの点で支持される傾向があります。子の監護権における母親の権利を覆すことは難しい。




否定的な関係

ただし、子の監護権における母親の権利に悪影響を与える可能性のあることがいくつかあります。子の監護権における母親の権利を無効にするために、戦うのは難しい法廷闘争があります。



ここに母親のための養育費のアドバイスがあります-

母親は簡単に識別できます

場合によっては、子供の父親の身元が多少疑問になることがあります。妊娠の前後に母親に複数の性的パートナーがいる場合は、父親が誰であるかを判断するために遺伝子検査が必要になることがあります。それも必ずしも決定的なものではありません。母親の夫が子供の世話をしていて、生物学上の父親が写真に写っていない場合、生物学的には別の話であっても、夫は合法的な父親と見なされる可能性があります。



しかし、子供を産む女性は母親であると推定され、母親の親権が与えられているため、母親はこの問題をすべて回避します。結婚した母親の子供に対する権利は、彼女があまりにも怠慢で、他の誰かが監護権を争っていない限り、決して否定することはできません。母親による子に対する虐待の証拠がある場合、子の監護権における母親の権利が影響を受ける可能性があります。

母親は時々好まれますが、特別な権利はありません

最近まで、裁判所は一般的に監護権の取り決めにおいて母親を支持していた。母親の世話は子供にとって特に重要であるという考えがありました。今日、裁判所は子供の最善の利益に焦点を合わせており、通常、法律に定められた要素のリストに基づいて決定を下さなければなりません。

の法則 バージニア これは、監護権と面会をどのように配置するかを決定するために裁判官が使用しなければならない要素のリストを裁判官に与えるので、見るのに役立つ例です。裁判官は子供と両親の年齢と精神状態を見なければなりません。さらに、裁判官は、子供と各親の間の現在の関係と、それらの関係が将来どのように変化する可能性があるかを考慮して、子供のニーズと各親がそれらのニーズをどのように満たすかを考慮する必要があります。



虐待の履歴も考慮する必要があり、裁判官は、子供が何が起こっているのかを理解し、好みがある場合は、子供に耳を傾ける必要があります。子の監護権における母親の権利は、それによって影響を受ける可能性があります。

母親の監護権は排他的ではありません。母親はこれらの要因のいずれにおいても明確に支持されていませんが、母親はいくつかの要因で有利になることがあります。特に、より伝統的な家庭環境では、母親は家で過ごす時間が長くなる傾向があり、それによって母親が子供に近づく可能性が高くなります。母親も虐待を犯す可能性が低くなります。彼女の子供に対する母親の権利はまだ排他的ではないかもしれません、法廷闘争はそれを決定します。

母親はどのようにして子供の監護権を失うことができますか?

母親と父親はどちらも同じ方法で親の権利を失う可能性があります。まず、状況によっては、親の権利を放棄することができます。これは、子供に近くない父親が、母親の新しい夫(子供の継父)が子供を養子にすることを許可するために監護権を放棄した場合に最も一般的です。

ただし、母親は母親の監護権を同じように放棄することができます。より一般的には、母親の監護権は、母親が不適格であるか、母親が子供を無視または虐待した場合にのみ奪われます。そこにさえ、母親は適正手続きを持ち、彼女の状況は法廷で見直され、法廷が子の監護権における母親の権利を完全に奪うことは非常にまれです。


セックス前のロマンス