離婚が子供に何をするかについての悲しい真実

離婚が子供に何をするかについての悲しい真実

離婚が子供に何をするかについての多くの研究にもかかわらず、子供に対する離婚の特定の影響を説明する私たちが簡単に見つけた明確な議論はありません。



この簡単にアクセスできる情報の欠如は、子供に対する離婚の影響の深刻さについて混乱と理解の欠如を引き起こす可能性があります。



良いニュースは、あなたの子供が対処戦略を開発するのを助ける方法に関する実質的な研究と、あなたの子供がそのようなストレスの多い時間の間に管理するのを助ける方法に関するたくさんの研究があるということです。

離婚が子供に何をするのかを正確に理解できるように、ここに着手しました。



あなたが離婚プロセスを進めるときにあなたの子供が適応するのを助ける必要があるならばあなたが何に焦点を合わせるべきかを知ることができるように。

離婚後の最初の1年間に何が起こるか

離婚の最初の年は、すべての子供にとって最も困難です。

これは、子供たちが幻滅、深いストレス感を経験し、怒りや不安の感情を表現する可能性が高い時期です。



多くの子供たちは新しい生活様式にかなり順応し、日常の習慣に戻ることができるようですが、一部の子供たちはそれができません。

離婚に対処できない子供たちは、両親の離婚の生涯にわたる影響を経験することになるかもしれません。

離婚は感情的に不均衡な家を繁殖させます、そしてあなたが離婚が子供に何をするかを知っているとき、あなたは子供が彼らが立っている危険な理由をナビゲートするのを助けることができます。

離婚は子供たちに不安、混乱、欲求不満の感情をもたらします。離婚によってもたらされる不確実性は子供たちにとってかなり恐ろしいものになる可能性があります。

安全ではなく、混乱しているという感覚は、子供にとって非常にトラウマになる可能性があります。これらの影響のいくつかは、ここで一生続く可能性があります。

  • 3歳から6歳までの子供は、2つの家の間のシャッフルを理解しようとするのが難しいでしょう。

両親が離婚してお互いを愛するのをやめた場合、両親も彼らを愛するのをやめ、不安や不安を感じるかもしれないことに戸惑うかもしれません。

  • 小学校の子供たちは離婚に対して異なるアプローチをとります。彼らは離婚が彼らのせいであるという罪悪感を抱くかもしれません。これらの感情は、彼らが不正行為をしたかもしれない、または彼らが離婚を引き起こした両親を不快にさせたかもしれないという考えから生じるかもしれません。

自信と自尊心が低く、不安、怒り、うつ病の可能性があります。これは、子供の将来の愛着スタイルにも影響を及ぼし、人間関係に影響を与える可能性があります。

  • 子供の10代の間に離婚が起こると、離婚のストレスに対処するときに怒りや恨みに訴えることがよくあります。 子供たちは、このトラウマ的な時期に自分自身を表現する他の方法を知らないため、片方の親または両方を非難し、反抗し始めるかもしれません。
  • 多くの場合、このストレスは、かつて彼らが頼っていた不安と安全性と安定性の欠如から生じ、離婚がもたらす変化に対処する必要があります。これは本質的に、学校の変更、移転、両親とのシャッフルなどによって引き起こされます。 '家と時々彼らの両親が扱っている感情と心痛を保持します。

しかし、離婚により、両親の主張や危険な生活環境に対処しなければならないというストレスが軽減されるため、子供たちに安心感を与える場合もあります。

こちらもご覧ください:

離婚の長期的影響

結婚の解消は、家族、特に子供たちに大きなストレスを与えます。このようなストレスの多い出来事は、彼らの全体的な幸福に大きな影響を与える可能性があります。

縦断的研究 子供の発達初期の離婚は、子供の成人生活に大きな影響を与える可能性があることを示唆しています。

これらの研究は、離婚をメンタルヘルスの危機の増加、薬物乱用、さらには成人期の精神科リハビリテーションと相関させています。また、これらの調査研究では、離婚は彼らの学校教育、仕事、そして若い青年期に彼ら自身のロマンチックな関係を形成するときでさえ、低い成功に関連している可能性があることがわかりました。

幼年期に離婚した成人は、学歴が低く、キャリアの成功率が低い傾向がありました。

彼らはまた、雇用を経験する可能性が高く、経済的合併症と証拠はまた、両親が離婚した成人の離婚率が高いことを示唆していました。

これらの調査研究では、「機能不全の」離婚の成人の概念が支持されている可能性がありますが、成長の仕方を学び、幼児期にもかかわらず非常によく成長している離婚の成人の子供がたくさんいることを認識することが重要です。その後の感情的および個人的な発達の課題。


ナルシストと別れる

この「成功」は彼らにとってそれほど簡単ではなく、彼らは個人的な成長努力を続けなければならないかもしれませんが、離婚した子供が場合によっては経験した課題を逆転させることが可能です。

しかし、それは彼らが彼らの人生に必要な変化をもたらすことができる多くの自己認識、エンパワーメントの感覚、彼らが望む場所に到達するために大人としての彼らの側の多くの努力を必要とします、これは信じられないほど刺激的な努力です。

子供の頃に親の離婚を経験したすべての大人の「機能不全」を一般化することは、特に新しい研究が離婚のロマンチックな関係と結婚の子供を予測することに関して考慮すべき多くの変数があることをサポートしているので、少し一般的かもしれません将来繁栄する能力。

離婚が必要な場合もあります

離婚は時々必要で避けられないものであり、人々は子供のために一緒にいるべきではありません。

ただし、これらの結果を理解することで、離婚の過程やそれ以降に子供をさらに助けるために何に焦点を当てるべきかを知ることができます。また、結婚を考えている人や子供たちに、自分の行動が本当に正しいことであるかどうかを止めて質問するように促すかもしれません。そして、彼らができるという理由だけで彼らと結婚して子供をもうけたいと思っている最初の人と結婚するだけではないことを評価すること。

結婚が(あなたとあなたのパートナーにとって)良い考えであるかどうかを判断するのを助けるために、結婚前のカウンセリングは常に良い考えです。

あなたの将来の子供たちはいつかあなたの努力に感謝するかもしれません!