離婚中の配偶者とのコミュニケーションのヒント

離婚中の配偶者とのコミュニケーションのヒント

場合によっては、弁護士を通じて配偶者と連絡を取るやむを得ない理由がありますが、自分で連絡を取る方が有益な場合もあります。あなたが家族法の弁護士を通してすべての小さな問題のためにあなたの配偶者と連絡をとらなければならないならば、あなたは莫大な金額を費やすことになるかもしれません。




あなたの夫に似合う方法

離婚中にあなたの配偶者とのコミュニケーションのための成功したヒント

  • コミュニケーションの落とし穴を回避する方法のいくつかは次のとおりです。
  • 非常に動揺しているときはコミュニケーションを避け、落ち着いたときにのみ話します
  • 配偶者からのあらゆる連絡に返答することは控えてください。追加の競合を回避するために、些細な問題を無視します。
  • コミュニケーションのパラメータを確立し、重要なリクエストにできるだけ早く応答する場合にのみ、事前に配偶者に知らせます。
  • 離婚訴訟が係属中の間は、ソーシャルメディアの使用を避けてください。それを完全に回避できない場合は、離婚手続きをさらに遅らせるような配偶者からの反発を避けるために、あなたの関係や離婚事件に関連するものを投稿しないでください。
  • 会話のトーンに注意してください。友好的または市民的な口調で配偶者と話すようにできるだけ多くのことを試み、叫ぶことを避けてください。
  • 境界を確立し、明確にします。電話、テキスト、または電子メールなど、希望するコミュニケーションモードを記述します。緊急のリクエストにのみ応答するか、安定した通話に慣れているかを指定します。
  • できるときに応答します。すべてのメッセージの後に応答する必要はありません。時間をかけることは、思いやりのある丁寧な対応を思いつくのに役立ちます。
  • 現在の問題にのみ集中してください。配偶者との付き合いは感情的な問題であるため、以前の出来事に基づいて行動することは避けてください。あなたがあなたの子供について話し合いたいならば、親権の問題だけに集中してください。これにより、重要な問題についてより生産的な結果を得ることができます。
  • メディエーターを取得します。調停人は、両方のカップルが多くの問題について相互合意に達するのを助けることができる公平な第三者です。

こちらもご覧ください: 離婚の7つの最も一般的な理由



あなたの弁護士を通して通信する

配偶者が攻撃的で直接連絡が取れない場合があります。このような状況では、弁護士を介して通信することをお勧めします。



弁護士を通じて配偶者と連絡を取る必要があるもう1つの理由は、家庭内暴力の問題の場合のように、すべての接触を禁止する抑制命令がある場合です。

あなたの離婚プロセスの間、問題の2人のカップルは、離婚プロセス全体をスムーズでストレスの少ないものにするために、敬意を持って行動する必要があります。あなたは自分自身にさらなるストレスをかけたくないのです!配偶者が敵意を持って行動している場合は、家族法の弁護士に相談してコミュニケーションをとる必要があるかもしれません。