法的な父と生物学的な父–あなたの権利は何ですか?

法的な父と生物学的な父-あなたの権利は何ですか

記事上で



家族構成は非常に複雑になる可能性があります。




同棲

写真には必ずしも生物学的な親がいるとは限りません。実際、一部の子供は、生物学的よりも非生物学的親に近い可能性があり、生物学的父親にさえ会ったことがない可能性があります。

生物学的父親と合法的な父親の異なる権利を定義することになると、家族法は少し複雑になります。各当事者が自分たちの立場を正確に知ることが重要です。



父親の基本的な役割–法的または生物学的

法定父親とは、養子縁組によって、または出生証明書に記載されている場合に、子供の親の責任を負う人のことです。

しかし、生物学上の父親は、母親を妊娠させた子供の血液関連の父親です。彼は子供が遺伝した遺伝子を持っている人です。

ただし、基本的な役割は、それらに親の責任を与えるものではありません。



生物学上の父親はどのようにして親の責任を負いますか?

子供の実の父親が自動的に合法的な父親と見なされることはなく、自動的に親の責任を負うこともありません。

生物学的父親は、次の場合にのみ責任を負います–

  • 彼らは子供の誕生時またはその後のいずれかで母親と結婚しています。
  • 2003年12月以降に登録が行われ、子供の出生証明書に記載されている場合。
  • 母親と父親の両方が、父親に親の責任を与える協定に署名しました。

そうしないと、


平和的に離婚を求める方法

  • 裁判所は、父親と母親の両方に、子供に対する親の責任を与えます。

ただし、一度に2人以上が子供の親の責任を負うことができる場合があります。しかし、そのような状況は長期的には複雑さを生み出します。

父親にはどのような権利がありますか?

実の父親には子供に対する法的権利がありません

上記の理由のいずれかが当てはまらない限り、実の父親は子供に対する法的権利を持っていません。

ただし、親の責任があるかどうかに関係なく、子供にアクセスできない場合でも、子供を経済的に支援する義務があります。 子供の親の責任を持つすべての人は、先に進む前に物事に同意する必要があります。

母親はほとんど重要でない決定を下すことができますが、より大きな変化については、親の責任を持つすべての人に相談する必要があります。

彼らが決定または結果について合意できない場合は、「特定の発行命令」を法廷で申請することができます。

子供の監護権は父親の権利です

子供の監護権は父親の権利です


成功した結婚の要素

誰かが子供の親の責任を持っているからといって、彼らがいつでも子供に連絡できるという意味ではありません。

子のアクセス権は、まったく別の問題です。

両親が同意できない場合は、「子の手配命令」を申請する必要があり、裁判所に出廷します。

親の責任を得る

実の父親に親の責任がない場合は、母親との責任ある合意に署名するか、さらに一歩進んで裁判所命令を申請してさらに話し合う必要があります。