あなたの離婚を早急に追跡する必要がありますか?プライベートジャッジを検討する

あなたの離婚を早急に追跡する必要がある私的な裁判官を検討してください

紛争の激しい離婚が感情的および肉体的に消耗する可能性があるという現実を否定または回避する方法はありません。優れたセラピストを雇い、毎日瞑想とヨガを実践する以外に、それについてできることはたくさんありません。しかし、あなたの財源を使い果たし、離婚の過程であなたの貴重な時間を無駄にすることについてあなたができることがあります:私的な裁判官を雇うこと。かつては暗くて汚い秘密を秘密にしておきたいと思っていた裕福で有名な州でしたが、混雑した公判を迂回してプライバシーと比較的快適に訴訟を審理したい人にとって、私的な裁判官を雇うことは実行可能な選択肢になりつつあります弁護士事務所または裁判外紛争解決センターのこのファーストトラック離婚オプションは、経験豊富な司法官の前で実行されます。その間、離婚した配偶者は、仕出し料理のランチと、心が望むだけのボトル入り飲料水を楽しみます。複雑な監護権と高資産の離婚を専門とする経験豊富で経験豊富な家族法の弁護士として、私はクライアントのために開発するケース戦略に私的な裁判官の使用を組み込むことがよくあります。



私的裁判官と公的裁判官の違いは何ですか?

あなたが離婚を申請するとき、あなたの事件は法廷システムの公開データバンクに登録されます。複雑な離婚法に精通している(そして最近交通裁判所から異動しなかった)裁判官があなたの事件に割り当てられます。相手方との紛争を解決できない場合は、裁判所に訴状を提出し、裁判所の手続きに出席し、場合によっては裁判官の前で証言する必要があります。何度も証言する必要があるかもしれません。裁判官は、あなたのケースの未解決の問題に関して一時的かつ最終的な注文を行います。残念ながら、予算の削減、家族法務部門に割り当てられた裁判官の数の減少、および離婚の件数の大きさのために、あなたの訴訟が審理され決定されるまでに非常に長い時間がかかる場合があります。場合によっては、1回のヒアリングが数か月にわたって連続しない日に行われることがあります。また、システムには家族法の訴訟当事者が多数いるため、裁判官があなたの本当のことを知る機会はほとんどありません(ただし、場合によっては、それは前向きなことかもしれません)。




厳格な親

民間の裁判官またはコミッショナーは通常、家族法のベンチで長年過ごし、彼または彼女のベルトの下で多くの経験を持っている引退した家族法の裁判官です。彼らは検証可能な実績を持っており、あなたの弁護士は彼らがあなたの事件を主宰するのに適しているかどうかをあなたにアドバイスすることができます。あなたはより非公式な環境にいるので、裁判官はあなたを知る機会があります。また、クライアントの観点からは、公の法廷よりもオフィスで証言する方がはるかに簡単です。最後に、彼らの訴訟件数は座っている裁判官よりもはるかに少ないため、私的裁判官はあなたの訴訟に専念するためのより多くの時間を持っています。

プライベートvsパブリックジャッジ-誰がより信頼できますか?

クライアントは、特に1人の弁護士が裁判官を頻繁に使用する場合、民間の裁判官が「買われる」可能性があることを懸念することがよくあります。ただし、私的裁判官は、過去に反対の弁護士と協力した事件の数を開示する必要があります。これにより、弁護士と問題について話し合い、裁判官が公平を保つことができるかどうかを判断する機会が得られます。私の経験では、私的裁判官は、弁護士との以前の関係にもかかわらず、中立性と客観性を維持するのに良い仕事をしています。明らかに、彼らが一握りの弁護士に好意を示した場合、他のクライアントは彼らを雇わないでしょう。



別の頻繁に表明される懸念は、あなたが私的な裁判官にお金を払わなければならないということです。民間の裁判官は時給が高いかもしれませんが、あなたはあなたの事件を連続した時間または日数の問題に統合することによって投資を補う以上のものです。あなたの事件が聞かれるのを待っている間ずっと、それに加えてあなたの弁護士と専門家の証人のための関連費用はすぐに合計することができます。


結婚を続けるために変化を受け入れる

アラバマ州、カリフォルニア州、コロラド州、フロリダ州、インディアナ州、オハイオ州、テキサス州は、法廷制度内の圧力を緩和し、公益により良いサービスを提供するために、民間裁判官の使用を奨励および支援する州の1つです。

結局のところ、お金と時間の節約に加えて、私的裁判官を雇うことの最も価値のある利点の1つは、誰かが事件を起こす前にあなたの側に真に耳を傾けるのに時間をかけたことを知っているという安心感ですあなたとあなたの愛する人にあなたの残りの人生に影響を与える決定。



リサヘルフェンドマイヤー
Lisa Helfend Meyer、ロサンゼルスを拠点とするMeyer、Olson、Lowy、Meyersの創設パートナー。結婚しており、特別支援を必要とする子供の親である彼女は、子供の権利と親の権利を強く支持しています。彼女は引越し事件の専門家として高く評価されています。争われた養子縁組;非婚姻関係の親の紛争;児童虐待;片親引き離し症候群;訪問紛争;愛着理論と幼児のための適切なタイムシェアの取り決め。薬物およびアルコール依存症;と特別なニーズを持つ子供たち。彼女は離婚、子供の監護権、婚姻前後の合意に関するワークショップを行っています。彼女は、障害のある親の面会権に関する画期的な訴訟でアビー・コーエン・ドーンを代表しました